HOME / 家づくりラインアップ / 家づくりの流れ

家づくりの流れ

新築工事は、ご契約の約半年後にお引き渡しというスケジュールで進みます(天候や着工状況により、完成が伸びる場合もあります)。

家づくりの流れ

  • 情報収集

    新築する際に、新居の色・形やお部屋の数、住宅設備、住みたい土地について家族で話してみましょう。

  • モデルハウス見学

    ハウジングトップのホームページから見学予約をしましょう。アンケート記入、見学、住宅相談で1.5~2時間ほどみておきましょう。

  • プラン相談

    理想の住まいの仕様や間取りを担当者と考えながら、資金計画(住宅ローンについて)や土地探しも行います。新築プランについて徐々に具体化させながら、土地・予算・住宅仕様のバランスを整えます。

  • ご契約

    プランとお見積りをご了承いただいてから、晴れてご契約となります。ハウジングトップではご契約を急かすことなく、お客様が十分ご納得いただくまでプランニングいたします。

  • 住設打ち合わせ・色決め

    担当者とお客様でモデルルーム訪問やカタログ閲覧により、間取りや住宅設備、内外装の詳細を決めていきます。

  • 地盤調査

    建築予定地について、住宅をしっかり支える地盤であるか調査を行います。

  • 着工打ち合わせ

    お客様、営業担当者、工務担当者(現場監督)の三者で、新築工事の内容について最終のすり合わせを行います。

  • 地鎮祭・着工

    工事前に神事を行い、基礎作りから工事が始まります。

  • 上棟

    建物の柱を立ち上げる上棟(棟上げ)は新築工事の最初の山場です。

  • 大工工事・各種工事・検査

    上棟後に大工工事がスタートし、順を追って各種工事と施工検査が行われます。

  • お引き渡し・ご入居

    仕上げ工事後に工務担当者、メンテ会社による社内検査、お客様による施主検査を実施いたします。指摘箇所を是正してから新築住宅のお引き渡しとなります。

TOP